「花束みたいな恋をした」もう一度見返したくなる10コの伏線回収まとめ 【20代目線の考察・結末】※ネタバレ注意

伏線回収・考察

先日、約束の待ち合わせ場所に5分経過しても友人が現れなかったのでLINEを送ると、、

即着信が。「え、約束してたのって明日だよ!!?」

しまった…。

過剰な暇が及ぼした時間ボケ。せっかく久々にオシャレして都会に繰り出したのにぃ。

仕方が無いので兼ねてより気になってはいたものの行くまでには及ばなかった「花束みたいな恋をした」を1人で見に行くことに決めた。

この記事を読むとわかること
  • 「花束みたいな恋をした」伏線回収まとめ
  • 20代女子大生目線の映画を見た感想
  • 作中2人のカラオケシーンのエモい 2曲

\\ 作中の2人の心理描写がさらに詳しく分かる!//

「花束みたいな恋をした」もう一度見返したくなる!10コの伏線回収

引用:『花束みたいな恋をした』製作委員会

恋愛の価値観において、じっくり考えさせられるこの映画。

すごいのが内容の深さだけではなく、色々な所に伏線を忍ばせられている作品なんです。

そこで思わずもう一度見返したくなるような伏線を一挙にまとめました!

※ 以下、個人的に調べてわかった伏線なので信憑性は100%でありません。

「花束みたいな恋をした」個人的お気に入り【伏線3選】

絹ちゃんのネイルカラー=信号

出会いたての、これから発展するか否かという頃は黄色。付き合って順調の頃は青。別れが近づいているあたりから赤色に変化している。

ちなみにこれは絹のコーデにも表れていて…

最初の頃は黄色のマフラー、中盤は青いコート、結婚式で赤い服となっている。

じゃんけんに対する疑問の変化

最初の頃はお互いじゃんけんに対して「紙が石を包んでなぜ勝ちなのか?」という疑問を感じていた。

しかし、最後の同棲解除による家具の引き取りを“じゃんけん”で決めており、2人の成長を表している。

しかも、「パー(紙)を出すのは大人である」と2人とも言っていたのに、麦はパーを出して絹はグーを出す。

絹は最後まで理想がブレなかったけど、麦は現実を受け入れて生きているということ。

花瓶にさしてあったチューリップが表す意味

絹が相談なしに職を勝手に変えて喧嘩しているシーンですが…

そのシーンの中で、置いてある花瓶にチューリップが刺さっている。

チューリップの花言葉は「心の移り変わり」

シーンの情景を同時に花言葉で表している。

「花束みたいな恋をした」奥が深すぎる【伏線7選】

クリスマスプレゼント交換で被ったイヤホン

クリスマスプレゼント交換で2人はお互いに内容がイヤホンで、たまたま被ってしまう。

これは2人の意思疎通をしていて、惹かれ合いの象徴を表す。

しかしその後、麦がゲームをしている時に絹にもらったイヤホンを両耳に付けてシャットダウンしている。

そこから2人のすれ違いが始まっている。

水は別れの象徴

水は古来から死や別れの象徴と言われています。

まだ円満だった頃に2人が海に訪れた際に、麦が一瞬いなくなって絹が怒る。

また2人が同性する家の前にも川がある。

2人は常に別れと隣合わせであったと言える。

「始まりは終わりの始まり」

終電(終わり)までには告白しようとスタートした2人のストーリーが友人の結婚式(始まり)をきっかけに着地点(終わり)を迎える。

始まり=交際 / 終わり=別れ

麦が書いていた絵日記が表す2人の関係性

最初の方は「○月○日焼きそばパン食べた」みたいに日付と出来事が麦のナレーションとしてあった。

その頃は麦が描く絵の下にも日付が書かれていたが、

仕事が忙しくなり絵を描かなくなってきたあたりから、日付と出来事のナレーションもなくなっていき、すれ違いが起き始めた。

作中で流れなかった「勿忘(ワスレナ)」の意味

「花の名前を教えると花を見つける度にその子を思い出してしまう」と絹が麦に言う。

これと同じ意味で作中で主題歌の”勿忘(ワスレナ)”を流さなかったのでは。

この曲を聞く度に映画の辛い内容を思い出してしまうという意味で。

「社会に出るのはお風呂みたいなもの」

絹の母が「社会に出るのはお風呂みたいなものだよ」と言っており、その後に麦の先輩がお風呂で死亡する。

最後のシーンで映った鈴蘭の花言葉の意味

最後のシーンで映る鈴蘭の花言葉は「再び幸せが訪れる」=復縁?お互いのそれぞれの別の幸せ?

\\ 作中の2人の心理描写がさらに詳しく分かる!//

私自身の感想

私ももう21歳です。のほほんと映画を見て、面白かった!では終わりたくない…

ちゃんと頭を回転させて伏線とシーンの意図を考えながら観ようと意気込みました。

結果、いきなりそんな冴えた考察はできず…

そんな素人感想だとしても、もちろん思ったことはいくつかあります!

まず、映画を見終わった後はすごくモヤモヤした切ない気持ちになりました…。

けれどこのモヤモヤは、なんだかんだで恋愛映画は必ずハッピーエンドで終わるという固定観念があったからだと思います。

そんなこれまでの王道な恋愛ストーリーとは違い、とってもリアルかつ恋愛経験者なら誰でも共感、感情移入できる内容でした。

評価が高い理由も十分に納得できます…!

映画終了後、あちこちからザワザワッ…と。

というのも「え、どういうこと?」といったような疑問を持つ声がいくつか聞こえました。

やはりほとんどの人が予想とは異なる結末を迎えたことに驚きが隠せなかったようですね…

感想は以下箇条書きにまとめました

  • 菅田将暉と有村架純という組み合わせが最高 (感情の移り変わりの表現が本当に上手…!!)
  • 誰にでも起こりゆる可能性のある恋愛ストーリー
  • 空間がとにかくエモい!(土手を歩くとことか、2人の家の部屋もやたらオシャレ)
  • 長期間の交際経験が無く結婚願望の強い私にとって、「え、恋愛って難しすぎない?世の中の結婚してる人たちってすご、、」今更ながら関心してました(笑)
  • 恋愛映画にしては邪魔が入らない!持論ですが、恋愛ストーリーって何らかの第三者の介入による影響があって関係が壊れたりすることがあると思います。けれど本作では、お互いの成長や環境の変化による価値観の変化がズレとして生じていくんです(泣)

個人的に行なっている映画考察巡り

いかがでしたか?

調べつくすと想像以上に伏線や考察がたくさんあってびっくりしました!

でも映画直後ってすぐには、細かい解説まとめとは伏線回収について書いてるサイトって少ないんですよね。

そこで私が個人的に見終わった映画についてもっと楽しむためにやっていることがあります!

それは「TikTok」を使って調べることです。

映画の名前を検索して、上位表示されている動画のコメントを順番に見ていきます。

すると、コメント欄の中から色々な人の考察をそこで拾うことができるんです!

バスってる動画ほどコメントの数はたくさんありますし、何よりも共感を呼ぶものはコメント欄の中でも上位表示されます。

つまり多くの人が「確かに!納得!」と思う、今まで気がつかれていなかった伏線や考察を多く発見できる宝庫なんですよ。

もちろん一般人のコメントであって、公式ではないので必ずしも正確ではありません。

けれど自分が納得、共感ができるものを見つけられたらさらに楽しいですよね!

皆さんも映画鑑賞後はネット検索だけではなく、「TikTok」も駆使して見てくださいね。

\\ 作中の2人の心理描写がさらに詳しく分かる!//

作中2人のカラオケシーンのエモい2曲

作中の最初と最後の方のシーンで2人がカラオケをするシーンがありますよね。

この時の2人のかわいらしいデュエットに心射抜かれました…

にしても2人が歌ってた曲良いと思いませんでしたか!?

初めて耳にしたけど一体どなたの歌なんだ!とすぐに調べたところ、なんとどちらも数年前にリリースされた曲だったんです。

こんなエモエモな曲を知らなかったなんて、もっと早く知りたかった…!

「勿忘/Awesome City Club」はすでに知っている方がほとんどだと思うので、ぜひこちらの2曲も聴いてみてくださいね!

麦くんと絹ちゃんが出会った頃のカラオケシーンの曲

「クロノスタシス/きのこ帝国」

引用:『花束みたいな恋をした』製作委員会

別れる寸前に2人が行くカラオケシーンの曲

「NIGHT TOWN/フレンズ」

引用:『花束みたいな恋をした』製作委員会

今ではすっかり私のミュージックプレイリストのお気に入りになっています…!

コメント

  1. […] […]